読み手の「目の動き」を意識して見やすいパワーポイントを

見やすいパワーポイントを作るために、意識することとして、デザインや色づかいについて扱ってきました。それらは見て目につくため、意識して手直しする人も比較的多いかと思います。

 

しかし、パワーポイントなどの資料を作る中で意外に見落とされていることがあります。

それは、読み手の「目の動き」です。

 

目の動きと言われても、ピンと来ない人もいるかも知れません。中には初めて聞いたと言う人もいるかも知れません。それだけに見落としがちな視点なのです。

読み手の「目の動き」を意識することで、格段に見やすい資料ができあがります。今回は、その、「目の動き」に注目して見やすいパワーポイントの作り方についてお話したいと思います。

 

目の動き・「Z」の形を意識してパワーポイントを作る

資料を出された際に、最初は大まかに全体像をつかもうとします。いきなり何かに注目して見ようとは思わないのではないでしょうか。

ただし、漫然と全体を見ているわけではありません。何も意識しないでもの全体を見ている時、人間の視線は「Z」の形に動きます。

イメージとしては、下の図のようになります。

【パワーポイント】人間の目は紙の上で「Z」の形で動く

わかりやすい資料を作る上で、いかにして相手に大事なメッセージを一目でつかんでもらうのか、それは非常に重要です。この人間の視線の傾向をうまく使うことで、より見やすく、届けたいメッセージを印象に残すことができるのです。

このZの目の動きの中で真っ先に目が行くのがどこかと言えば、左上になります。大まかに資料を見ている場合、最初に目に入る情報から人間は大まかに情報をつかもうとします。だからこそ、真っ先に目が行く、この左上にこそ注目して欲しい内容、伝えたい内容を配置することが大事なのです。

 

そして、このZの流れを意識した配置の仕方は、ただ目の動きを意識するだけにとどまらない話なのです。

 

プレゼンで話をする際には、結論を最初に伝えることが原則と言われています。

 

というのも、やはり話の全体の方向性が分かった上で話を聞いた方が、相手の理解が進みやすいからです。もし仮に、過程をダラダラ話していては、話の着地点の見えないため、聞いていても苦痛ではないでしょうか。プレゼンでは最初に結論を伝える原則から考えれば、伝えたい重要な内容を視線の最初の目に着く場所に配置することは非常に理にかなったことなのです。このZの目の動きを理解していれば、伝えたい内容さえ決まれば、配置で悩む必要性が少なくなります。重要な内容を左上に配置して、あとは右下に流れていくように順番に置くだけです。資料も見やすくなって、配置を考える時間を軽減できるだけに、このZの目の動きはぜひ知っておいて欲しいことです。

 

アイキャッチの画像は、Zの最初に持ってくると見やすい

パワーポイントや資料を作る際に、文字だけでは飽きてしまいやすく、印象に残りにくいため、画像を使うのも一般的な方法の1つです。しかし、画像は印象が強いだけに、入れ方を間違うとかえって逆効果になるので注意が必要です。

 

これから画像を入れたスライドを2つ出します。どちらが見やすいのか、確認してみてください。

 

企画書のレイアウトは人間の目の動きを意識する。
パワポのレイアウト、良い例&悪い例

どちらが見やすかったでしょうか?

おそらく、後に出した「画像が上に来るスライド」の方が見やすいのではないでしょうか。

これには理由があります。画像は先にもお話した通り、スライドの中でもかなり目を引きます。例えば、ブログでもアイキャッチとして画像を使うことがありますが、それは画像で注目を引いて、その後の内容に注目を寄せるために使います。

しかし、画像がZの後ろの方に来てしまうと、テキストを読みながらも、後ろの画像に気がいってしまいます。これでは伝えたい文字情報に集中しづらくなってしまうため、肝心のメッセージが頭に入って来なくなってしまうのです。

だから、画像はZの目の動きの最初、つまりスライドの左上あるいは上に配置する方がいいと思います。一旦画像で興味を引いた後で、読み手は落ち着いて後ろにあるメッセージを読みやすくなるのです。

 

しかし、画像が目を引くからといって、適当に好きな画像を入れてしまうのは、効果は半減してしまいます。

 

伝えたい内容と関連した画像を入れることができるのであれば、より効果的に内容が伝わります。

 

画像を入れるときは、内容に合ったものをZの最初に配置するようにしましょう。

 

【結論】パワポは読み手の目の動きをもっと意識しよう!

概観をつかむZの目の動きを意識した配置を意識するだけで、見やすい資料が簡単にできるようになります。これは、相手に必要なメッセージを伝えやすくする重要な方法の1つです。そして、パワーポイント作成の時に配置で悩む手間を軽減できるのも見逃せません。

 

この相手の目の動きを意識した資料作りは、Zの法則だけではとどまらない、とても奥深い内容になります。だからこそ、私が資料作りをする中で、非常に重視していることなのです。この「目の動き」を意識した資料作りについては、一度お話しただけではとても語りつくせません。

 

そのため、今までは1トピックを1記事でまとめていました。この「目の動き」については、複数回に分けてブログで扱いたいと思います。